「夏休みの自由研究」に右往左往する大人の夏休み

先週、夏休みをいただいて伊豆の下田市に家族旅行に行ってきました。
我が家には小学校低学年と保育園児の子供がいますが、親の「夏休み」。。。それは親が休むものではなく、子どもたちを楽しませるために親が消耗する日々だと実感しました。。。
さて、そんな「夏休み」に私の頭を悩ませるものは、夏休みに入った小学生の子のためのお弁当(昼食)でも、夏休みの宿題の進捗でもありません。
「夏休みの自由研究」です!
小学生の子をももつ親だけでなく、誰もが一度は悩んだことがあるのではないでしょうか。
自由研究とは言っても、我が子の学校では「研究」ではなく「なんでもあり」なので、調べ学習でも工作でも絵画でもOK。
それがますます頭を悩ませます。
ちょっとネットで検索すれば自由研究のネタなどたくさん落ちているし、私自身は調べ学習でも工作でもアイデアは思いつくのですが、あくまでも子どもの自由研究。
親がアイデアを出して進めるのも格好悪い気がするし、小学校低学年が思いつかないような身の丈に合わないネタも格好悪い。じゃあ、低学年で思いつきそうなネタとはなんぞや、と悩みは深くなっていくのです。
そして悩んでいるうちに(もちろん何も手をつけていない)すでに夏休みは3/4を過ぎ、わが子の夏休みは残り10日あまり。そのうち週末は1回。
色々悩みましたが、ここまできたらその週末に一発勝負の予定です。
来年はもっと準備をして挑みたいと思います!(・・・と昨年も思いました)

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。