台風21号北上中、猛暑も災害化する夏

25年ぶりの「非常に強い」台風21号が、まさに今、猛烈な雨風とともに日本を北上しています。
関西空港は、浸水のため閉鎖、空港につながる連絡橋も通行止めになり、空港にいる人たちは外に移動することができず、孤立状態と、ニュースが入ってきました。近畿地方の甚大な被害の報告が続いています。                             被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。
ここ数年、大規模な自然災害が急増しています。地震をはじめ、大雨などによる甚大な被害、復旧作業の様子を目にするたびに、自然の驚異と自分の無力さを強く感じます。
暑さも「災害」となる時代となってしまいました。毎日、息子が部活で倒れないか心配の日々、東京でのオリンピック開催は、本当に不安に思ってしまいます。NHKのニュースでこの夏、「ためらいなく冷房を使用してください」との声かけに、夏の危なさを感じます。
総務省消防庁は8月28日、熱中症のため8/20~8/26日の1週間に全国で5890人が搬送されたとの速報値を発表、4月30日からの累計搬送者数8万9305人、死者数は155人。累計搬送者数は既に過去最多を更新しているとのことです。                   https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34664390Y8A820C1CR0000/
9月1日は防災の日でした。災害に対する意識調査なども発表され、官民で意識向上に努めています。
しかしながら、ドキとする意識調査の結果を発見しました。7割の人が防災対策を「していない!」そうです。             https://general-research.co.jp/report03/                                          「自然災害に対する防災の意識調査」ゼネラルリサーチ株式会社調べ
着実に身近となってきている災害に対して、真剣に備えていく危機感を感じます。
首相官邸のHPでも、災害に対する家庭での備えについて紹介しています。改めて基本を頭に入れ、家庭でも見直したいと思います。 https://www.kantei.go.jp/jp/headline/bousai/sonae.html
首都圏でも今現在、風が強まっています。外へ出る際は、無理をなさらず、気を付けていただきたいと思います。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。