3億円が手に入ったら?

小説投稿サイトに掲載された

「府中三億円事件を計画・実行したのは私です。」

という犯人手記風の文章(告白文)が注目を集めています。

https://ncode.syosetu.com/n9064ex/

 

また、「お金」をテーマにした映画『億男』が、

10月19日に公開されることもあり、

最近は、「お金」が私のホットワードです。

 

社会人3年目を迎え、

学生の頃と比べて、まとまった収入を得るようになり、

お金の使い方もけっこう変わった気がします。

(貧乏学生をしていた頃は節約のため、スーパーの特売チラシのチェックが日課でした)

 

また、逆に稼ぎに余裕ができたことで、

将来を考えた時に・・・

100年時代と言われているが・・・

自分の老後の時に、年金は・・・

などと新たな問題に頭を悩ませています。

 

お金のことを、考えれば考えるほどなんだか不安な気持ちになっていきます。

 

もし、宝くじで3億円が手に入ったのなら、そんな悩みとも、おさらばできるのでしょうか。恐らく私は、その3億円の使い道を悩むでしょうし、3億円によって、人生をがらっと変えられてしまう気がします。

 

この社会で生きていく限り、付き合っていかざるをえない「お金」。

それについて、『億男』の原作者である川村元気さんは、インタビューでこのようにコメントしています。

 

―『億男』を書こうとしたときに、本屋に調べにいくと、お金持ちになるための手段の本が無数にあるわけです。で、疑問がわいてくる。そもそも、みんなそんなに大金持ちになりたいと思っているのかなと。僕の場合は、知りたいのはお金と人間の幸福の関係であって、そういうことを教えてくれる本は全然ない。だから、ないものを書くためには、エンタテインメントで伝えなくてはと思いました。

「金融/知のLANDSCAPE MUSEUM TALK」より

 

誰においても、少なからずは当事者である「お金」というテーマにおいて、

人々が求めていることは、「お金の増やし方でなく、『お金との付き合い方』なのではないか」という感性は、何かを広めるという使命をもつ「広報・PR」において、とても大切な感覚ではないでしょうか。

 

この映画は、クリエイティブサポート費を使わずに、

自分の「お金」で観てこようと思います。

 

 

以下、原作特設サイト「作品紹介」から抜粋 **************

 

宝くじで3億円を当てた図書館司書の一男。

 

浮かれる間もなく不安に襲われた一男は「お金と幸せの答え」を求めて大富豪となった親友・九十九のもとを15年ぶりに訪ねる。だがその直後、九十九が失踪した―――。

 

ソクラテス、ドストエフスキー、アダム・スミス、チャップリン、福沢諭吉、ジョン・ロックフェラー、ドナルド・トランプ、ビル・ゲイツ……

 

数々の偉人たちの言葉をくぐり抜け、一男の30日間にわたるお金の冒険が始まる。

 

人間にとってお金とは何か?

 

「億男」になった一男にとっての幸せとは何か?

 

九十九が抱える秘密と「お金と幸せの答え」とは?

 

https://books.bunshun.jp/sp/okuotoko

 

***********************************************************

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。