あなたはどんな性質?

健康だと安くなる保険が相次いで発売されるなど、最近話題にのぼることが多い健康管理!企業へ健康経営を求める社会の要請が厳しくなるなど、高齢化社会における健康への注目度は今後も上昇するでしょう。
こちらの記事に見られるように、健康管理を社会的なスキルとして捉える人も増えてきているようです。https://toyokeizai.net/articles/-/234862
様々な健康法が世間で注目されていますが、最近、美容の観点からも注目が集まっているインドの伝承医学「アーユルヴェーダ」をレクチャーしている先生からお話を聞く機会がありました。
アーユルヴェーダでは、食べ物や自然、行動、そして体やマインドの性質を3つに分けて考え、人それぞれすべての性質をもっていて、バランスが常に変化していると言われているそうです。
その性質とは・・
サットヴァ(純粋性)・・・生命力、勇気、力、健康、幸せ、喜びを増大させる
食品例)米、牛乳、新鮮なフルーツ、野菜、はちみつ、ごま油、アーモンド、ココナッツなど
ラジャス(動性)・・・不安定、攻撃的で、乱れやすい
食品例)激辛食品、肉類、ニンニク、玉ねぎなど
タマス(惰性)・・・否定的で変化を恐れる
食品例)保存食品、レトルト食品、作り置きの食品、腐った食品、油分の多い食品
【出典:英国アーユルヴェーダカレッジ HPより抜粋】
自分が今何か不調を抱えている場合、どの属性が増えていて、バランスをとるためにはどの食品を追加すればよいのか、調整する指標になってくれるとのこと。これは便利!
ただ、先生曰くサットヴァな性質、つまり、身体に良い食品でも、「嫌だな~、面倒くさい」など、暗い気持ちで料理をすると属性が「タマス」へ変化してしまうのだとか。。泣
レトルト食品など、本来の性質はタマスのものでも、ハッピーな気持ちで料理することの方が大切なのだそうです。そう言われると、ついつい楽なタマス食品をがんがん使ってしまいそうですが、頭の隅にサットヴァを意識するだけでも、少し自分の食生活への意識に変化があり、そうやって少しづつ改善できたらいいな、と思っています!
忙しさにかまけて保存食品などをとりすぎていたので、炊き立てのご飯や新鮮なものをたべてバランスをとってみたいと思います!
N.H.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。