「会社が自分に合っているのか」の答え

2020卒の就活生の一番の悩みは、「自分に適する企業がわからないこと」という調査結果があるそうです。

統計https://resemom.jp/article/2019/04/25/50316.html

 

「自分に合っているのか」という悩みですが、

実際に働いている社会人に対しても、

「(現在、働いている会社が)自分に適する企業であると思いますか」

というアンケート調査をしたら、どのような回答が集まるのか、

大変興味深いところです。

 

私が就職活動をしていた頃に参加した就活セミナーでは、

就職を「結婚」に例える話がよくされていました。

 

その例に則ると、

これから付き合う(もしくは結婚する)相手が、

「自分に適しているかどうか」で悩んでいるということになります。

 

もしも、

あなたが親友から、そんな恋愛相談を受けたなら、

どのようなアドバイスをしてあげますか?

 

私だったら、「(相手のことが)好きなのか?」と尋ねようかと思います。

 

話を就活に戻します。

 

「会社が自分に合っているのか」という

この哲学的な命題のひとつの答えとして、

今年の入社式で話されていたエピソードのひとつを紹介したいと思います。

働いているなかで、当然辛いことや苦しいことがあった時、若い頃は「自分にはこの会社は合っていないのではないか」と考え、転職する人もいます。

そんな迷いが生まれた時、次の3つのうち、ひとつでも「好きだ」と思えるものがあるのなら、その会社でがんばってみるべきだ。

①会社

➁仕事

③上司(はたらく人)

とのことでした。

 

結局のところ、

「合っているか、合っていないか」は、自分で決めることですし、

多かれ少なかれ、合っている部分、合っていない部分はあるものでしょう。

 

ただ、せっかく働くのですから、

「自分が好きだ」と思える部分のある会社が、

もしかしたら「その人に適する」会社なのかもしれません。

 

就活生のみなさんに、素敵な出逢いがありますことを。

 

MF

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。