この時期がやってまいりました!

令和2年も早1か月が過ぎました。

 

エイレックスは、今、評価面談の時期です。

 

来期に向けての大事な面談です。

各自、前年度にたてた目標の達成をMBOシート(Management by Objectives)に点数を記入、価基準表に基づき、各自の職位を全うしたかどうかの点数を職位別評価シートに記入して

上長に提出します。

 

そして面談の時間をとり、One on Oneで、自身、何をがんばったか、何か課題はあったか、

会社に要望したいことはあるか、上長がつけた点数と本人がつけた点数の開きは無いかなどを確認し、双方の会話で、上長は面談記録シートに記載します。

 

それを基に、更に最終面談として役員が面談をします。

 

面談をするほうは、「聞く力」が求められ、面談をされるほうは、自分で行った評価をわかりやすく説明することが求められます。

 

限られた時間の中で、1年のまとめを振り返りながら、よかった点、苦しんだ点を共有しあうことができる大事な機会です。

 

私も何人かの社員の面談をさせていただくことがありますが、気持ちを集中させて、彼女彼らたちにこの1年、何が起こって仕事に対しての考え方がどう変わってきたか

嬉しかったことは何か、悩んだことは何かを聴くようにしています。

 

そして、必ず良いところを指摘するようにしています。

 

ヒトを見るときに、マイナス面からみるのではなくまず良いところを見出すほうが、見切ることがなく、可能性を引っ張り出せると思います

私自身、そうするよう心かげています。

 

エイレックスは「ほめあう文化」が社風となることに取り組んでいますが

まずは個人個人、そのひとの良いところをみつけて、そこを伸ばしてあげられれば、自然にほめるようになるのではないでしょうか。

 

今日から最終面談です。

お疲れ様でした、とお互いねぎらいながら、来年度もがんばりましょう!

と奮起を促す時間にしようと思います。

 

Y.O

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。