いつもと違う夏、心潤してます

連日猛暑が続き夏真っ只中。いつもなら夏好きな私は浮かれている時期ですが、今年はコロナ禍もあり、例年とは異なる夏。遠出も控えたいしどうしたものか。。と思っていましたが、家時間が増えた事もあり、読書が順調に進んでいます。
夏のアウトドアも良いですが、涼しい屋内で夏の読書というのも、案外充実した気分にさせてくれます。

少し前に読み終えた原田マハ著「たゆたえども沈まず」で、画家ゴッホが日本の浮世絵に深く影響を受けていたことを知り、今まで美術は西洋のものを好んで鑑賞していたのですが、浮世絵や日本画に興味がふつふつと。。そんなさなか、タイミングよく「日本三大浮世絵展」が開催されていました!

少し前までは閉館や展示延期をしていた美術展も、現在は少しずつコロナ対策を万全に行い再開しているところが増えてきました。「日本三大浮世絵展」でも、事前にオンラインからの日時指定チケットを購入し、決められた時間に入場するため、休日にも関わらず館内の混雑も無く、マスク着用も必須ということも手伝って、とても静かで快適な環境で鑑賞出来ました。

美術展は想像以上に盛沢山の内容でしたが、涼しい館内でストレス無くじっくり鑑賞でき、吸収率もupしたように感じます。これまであまり興味を持たなかった日本画も読書から派生して鑑賞したおかげで満足度も高かったです。それもこれもインドア時間が増えたおかげでしょうか。

まだまだ気を許せない状況、不便なことも山積みではありますが、これまで気づかなかったことや新たな働き方や休日の過ごし方、時間の貴重さなどに気付けているこの数カ月。
視点や角度を変えて、悲観的にならずに過ごしていきたいと思っています。

M.W.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。