その感覚、大丈夫ですか?

オリンピックが終わりました。もちろん自宅観戦でしたが、テレビよりも特設サイトでのライブ配信で多くの競技を見ました。地上波テレビでは生中継されない競技をライブで観ることができましたし、ライブ配信だと試合中に細切れでCMが入ることもないのもよかったです。

最近のオリンピックを見ていて思うのは、報道がずいぶん変わったなということです。


選手が「楽しみたいです」「楽しみました」と発言して叩かれなくなったのはいつ頃からでしょうか。
メダル候補の選手が惜しくもメダルを逃したときに、叩かれなくなったのはいつ頃からでしょうか。

新競技の影響もあるのでしょうか。スケートボードでは失敗しても笑顔の選手が好意的に報道されていました。オリンピックではなくワールドカップでしたが、昔サッカー選手が試合中に笑顔でプレーしたと大バッシングを受けていました。

スケートボードといえば、ストリートでの瀬尻さんの解説はゆるくてアツい独特の日本語が魅力的ですっかりファンになりましたが、あの解説も昔だったら攻撃されていたのではないでしょうか。

元首相や開会式の前ディレクターをはじめ、古い時代の価値観のままだと発言した本人が考えている以上に世の中とのズレが目立つ、ということも露呈したオリンピックでした。


プロ野球解説者による女性アスリートへの偏見発言も酷いものでしたが、番組でご本人ではなくテレビ局のアナウンサーが謝罪したと聞き、言った本人は何が悪いのかまったくわかっていないんだろうなと感じました。

企業で広報に携わる方にはいないと思いますが「なんであのくらいの発言で」と思ってしまった方は、知らないうちにハラスメントな言動をしてしまっているかもしれません。

スポーツでトレーニング方法が日々進化しているように、広報で求められる言葉や意識も日々進化するもの。時代にあわせて感覚をアップデートしたいものです。

江良洋子

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。